• ホーム
  • まつ毛を育毛してイメチェンができるルミガンを使用する時の注意点とは

まつ毛を育毛してイメチェンができるルミガンを使用する時の注意点とは

2020年06月28日
きれいな目

自分の見た目にコンプレックスを抱えているという方も多くいるかもしれません。そのような方の中には、ルミガンを使ってまつ毛の育毛を検討しているというケースも見られます。実際にルミガンを使うことで、まつ毛を長くすることができます。まつ毛が1㎜伸びるだけでも、見た目の印象を変えていくチャンスがあります。
見た目の印象を変えられるまつ毛の育毛ですが、イメチェンを検討するなら注意しなければならない点も存在しています。

ルミガンを使用する場合の注意点の1つが、目の充血やかゆみなどに注意するという点です。元々は緑内障の点眼薬なので目の中に入っても問題はありませんが、健康な人の場合には目に入ると充血などの症状が出る可能性があります。そのような問題を防ぐためにも、適量をつけて目の中に入らないように注意することを忘れないようにしましょう。

一方でまぶたや頬などにルミガンの液が付着すると、色素沈着や産毛が生える可能性があります。そのため実際にルミガンを塗っていくときには、まつ毛以外の場所に付着しないように注意することが大切です。まぶたに付着するのが心配な場合には、塗る前にクリームなどで保護しておくのも1つの手です。先に保護しておくことで、まぶたなどに付着してしまったときのダメージを減らすことにつながります。また付着したときは、すぐに拭きとるようにしましょう。

さらにルミガンを使用するときの注意点には、虹彩色素沈着があげられます。これは目の中にルミガンの成分が入ってしまうことで、虹彩の色が変わってしまうという現象です。一度色が変わってしまった場合、元の色に戻ることはありません。色が変わるといっても濃くなるということなので、見た目には大きな問題はないものの気になるという方もいるでしょう。虹彩色素沈着をしないように、注意しながら使うことが大切です。

敏感肌やアトピー性皮膚炎という場合には、ルミガンを使うことでまぶたがかぶれるもしくは炎症を起こす可能性もあります。さまざまな注意点があることを把握して、安全に注意しながら使っていくことを忘れてはいけません。

まつ毛を育毛してイメチェンができる選択肢といっても、使っていくうえではさまざまな注意点があげられます。実際にどのような点に注意したらいいのか1つずつ確認して、安全にイメチェンができるようにしましょう。もしもルミガンを使って違和感があったら、早めに医師に相談することが大切です。